090-7712-3231

Archive for 2月, 2014

【遺伝子組み換え食品による3つの健康被害】

<font size=”3″>皆様 こんにちは

ヒーリング整体師 カイトウです。

本日の議題は

<font size=”4″>【遺伝子組み換え食品による3つの健康被害】<font color=”#FF0000″><strong></strong></font></font>

遺伝子組み換え食品でもたらされるのでは?と

懸念されている健康被害のうち、

3つの大きな問題についてまとめてみました。

1・腫瘍
フランスのカーン大学のセラリーニ氏は、

遺伝子組み換えトウモロコシを食べさせる700日間の

ラットの実験を秘密裏に行った。

それによると、対照群(遺伝子組み換えトウモロコシを

食べさせていない群)に対し、

実験群の雌の死亡率が2倍~3倍になり、

雄雌共に腫瘍の大きさが2倍~3倍に

なったという結果が出ている。

雌で、7か月目で乳腺に腫瘍ができ、

最終的には全体の70%が早期死亡。

雄では4か月目に肝臓障害が起き、

全体では50%が早期死亡したと結論。

対照群の早期死亡率は雌で20%、雄で30%

(元々、腫瘍を作りやすいラットであるため)。

この、雌で7か月目、雄で4か月目で障害が現れた

という点は重要であり、何故なら、

モンサント社の実験は3か月間しか行われていないから。

腫瘍が現れる前に安全宣言をしているということになる。

http://www.lemonde.fr/planete/article/2012/09/19/un-ogm-de-monsanto-soupconne-de-toxicite_1762236_3244.html

2・アレルギー

2011年の話だが、カナダで、妊娠した女性の93%、

80%の胎児から「遺伝子組み換えトウモロコシ」の

有毒成分(Cry1Ab)が検出されたことを確認。

この有毒成分とは、一般にBt毒素と

呼ばれる殺虫成分であり、

遺伝子組み換えトウモロコシや大豆には

このBt毒素を生成する遺伝子が組み込まれている。

このBt毒素、つまりCry1Abは、

「Journal of Hematolog」によると赤血球を

損傷すると言う実験結果もある。

また、組み換えられたμRNA自体を取り込んでしまう

ということもわかっており、その結果、

異物と判別され免疫システムが攪乱。

その障害は血液を通じて体内に広がり、

ガン、白血病、神経系、アレルギーなど

免疫系の病気を引き起こす。最も危険なのは、胎児や新生児。

http://www.gmwatch.org/component/content/article/13142
http://www.collective-evolution.com/2013/05/11/scientists-discover-bt-toxins-found-in-monsanto-crops-damage-red-blood-cells/

3・不妊症
アメリカ環境医学会(AAEM)では、

動物実験や家畜への影響調査で、

遺伝子組み換え食品によって生殖関連の障害が

発生することが判明と発表。また、遺伝子組み換え大豆を

食べたラットの睾丸は正常なピンク色から

暗い青色に変色、雄のラットの精子が変化(去勢)した、

遺伝子組み換えトウモロコシを与えられたラットは、

子供の数が少ない、生まれた子供の身体も

小さいという実験結果は多い。(出典は書ききれない)さらに

、米国の農民20名が、何千頭ものブタが

不妊症になったと訴えているという事実もある。

http://www.aaemonline.org/gmopost.html
http://tamekiyo.com/documents/mercola/no_gmo.php

参考文 内海 聡先生

皆様も十分気をつけて食べてくださいね。

いつも口にするものですから・・・

島根県 飯南町 大田市 雲南市の整体院

慢性肩こり、腰痛、関節痛、内臓疾患の改善お任せ!

癒し処~KAITO~

飯南会場

島根県飯南町頓原1070(ラムネ温泉敷地内)

大田会場

大田市三瓶町池田2018-2
前日完全予約制
注 当日は受けられない可能性が高いです

連絡先

<font size=”5″>090-7712-3231<font color=”#0000FF”><strong></strong></font></font>

</font>

「インフルエンザワクチンの真実」

<font size=”3″>皆様 こんばんは

ヒーリング整体師 カイトウです

本日の議題は

以前にも語ったことがありますが

再度載せますね

<font size=”5″>「インフルエンザワクチンの真実」<font color=”#FF0000″><strong></strong></font></font>

無知な親が、予防接種と騙されて、

子供にワクチンを打たせるのは『 虐待 』とも言えますよね・・・。

過激な発言ですが

何故でしょうか?

ワクチンを紹介したいと思います。

【 ワクチンの成分の紹介:

これでもワクチンは身体に有害でないのでしょうか? 】

・ワクチンの材料である動物細胞の

培養で生じた細菌や野生のウィルス。

・水銀は、神経毒であることが十分に立証されていますが、

依然として世界中のインフルエンザ・ワクチン

(複数回接種タイプ)に入っています。

その他のワクチンにも、微量の水銀が

残留しているものがあります。

・アルミニウム。骨、骨髄、脳の変性を

起こす可能性のある毒です。

・猿、犬の腎臓、鶏、牛、人間の細胞。

・ホルムアルデヒド(防腐液)。発ガン性物質として

知られています。

・ポリソルベート80。メスのネズミで不妊症、

オスのネズミで睾丸の萎縮をひきおこすことが

わかっています。

・豚や牛のゼラチン。アナフィラキシー反応を

起こすことがわかっています。

3種混合ワクチン(はしか、おたふく風邪、風疹)、

水疱瘡と帯状疱疹のワクチンに大量に入っています。

・グルタミン酸ナトリウム(MSG)。

吸引タイプのインフルエンザ・ワクチンに入っています。

代謝異常(糖尿病)、発作、その他の神経障害を

ひきおこすことがわかっています。

自閉症の研究・治療団体ジェネレーション・レスキューは、

カリフォルニア州とオレゴン州で、子供を持つ親を対象に、

ワクチン接種/未接種を比較する調査を行ないました。

対象となった子供の数は17,674名で、結果は以下の通りです。

・ワクチンを接種した子供のぜんそく罹患率は120%増
・ワクチンを接種した男児のADHD罹患率は317%増
・ワクチンを接種した男児の神経疾患罹患率は185%増
・ワクチンを接種した男児の自閉症罹患率は146%増

女児は調査対象のうちわずか20%でしたので確定されてませんが、

おそらく結果は似たようなものでしょう。

これは発表されている内容の一部です。

調べればもっとでてきます。

インフルエンザはほっときゃ治ります。

私は知っているので自分の子供には

絶対に打たせません。

私も嫁ももちろん打ちませんが・・・

何故テレビで進めるかって

それは金儲けですよ。

島根県 大田市 飯南町 雲南市の整体院

慢性肩こり、腰痛、関節痛、内臓疾患の改善お任せ!

癒し処~KAITO~

飯南会場

島根県飯南町頓原1070(ラムネ温泉敷地内)

大田会場

大田市三瓶町池田2018-2
(前日完全予約制)
注 当日は受けられないことが多いです。
電話連絡の際にどちらの会場を希望されているかを
お伝えください。

連絡先

<font size=”5″><strong>090-7712-3231<font color=”#0000FF”></font></strong></font>
</font>

 

 

診察予約は今すぐお電話で

090-7712-3231

【受付時間】10時〜20時(木、第2・4日曜日除く)

 

メールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。

 

※施術中は電話に出られませんので、留守番電話に自身のお名前と電話番号を入れて下さい。必ず折り返し致します。

※診察時間は10時〜20時までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。診察時間外にホームページをご覧の方は、ぜひメールフォームからのお問い合わせをお願いいたします。
※メールフォームはお名前・お電話番号・メールアドレスを入力するだけの簡単なものですのでお気軽にご利用していただけます。当院は完全予約制の為、事前にご予約をお願いしています。