090-7712-3231

Archive for 1月, 2017

医療制度に甘えない

皆様こんにちは

ヒーリング整体師 カイトウです

本日の議題は

「医療制度に甘えない」です

年齢階級別にみると、0~14歳は2兆1986億円(6.4%)、15~44歳は4兆8212億円(14.1%) 45~64歳は8兆8180億円(25.8%)、65歳以上は18兆2982億円(53.6%)となっている。

人口一人当たり国民医療費をみると、65歳未満は15万7900円、65歳以上は66万6300円となっている。そのうち一般診療医療費では65歳未満が11万5100円、65歳以上が51万3300円となっている。歯科診療医療費では、65歳未満が1万7100円、65歳以上が2万8700円となっている。薬局調剤医療費では、65歳未満が2万8600円、65歳以上が8万2000円となっている。

厚生労働省ホームページより抜粋

私は、ほとんど病院に掛からないのだが、全国平均はものすごく高いですね。

(昨年は実費で約8000円ほどでした)名誉の骨折?

はっきり言ってびっくりです。

私が変わった生活をしているからかもしれませんが・・・

世間一般の話ですと

現代社会ほど、ストレスの多い社会はなく

特に今は、社会保障制度の破綻や企業の倒産、国の財政赤字、職の減少傾向、

低賃金等生きづらい世の中になっています。

特に医療費の高騰は問題です。

できるだけ病気になっても医療費を使わないようにしたいものです。

医療費がかかると、その分、保険料の負担が増えます。

今のままでは保険システムは破綻してしまうでしょう。

病院にかかっても、薬を飲みすぎるのを見直したり、控える姿勢が必要です。

また救急医療は充実させることは大切です。

しかし、救急医療の充実は本当は危険です。

人々は何かあったら、すぐに病院に駆け込みますし、救急医療は薬や呼吸確保、

手術、とまるで人体を機械の修理でもするかのように扱います。

本来、人間は、無理をしたら体を休め、回復させるものです。

過労死のように極限まで無理をし続ける先に待っているのは死です。

死ぬのが嫌だったらわが身を守る工夫が必要です。

救急医療は人間を機械と見る思想です。

機械の修理のように救急の現場に人が押し寄せれば、救急医は夜通し仕事を

し続けることになります。

夜通しやる仕事は結局、長続きしません。

日本の救急医療の現場で働く医師は、40歳くらいで疲労しきってしまっています。

こういう状態が続くことで、破綻の構造が出来上がってしまうのです。

医大が救急の学部を縮小している所もありますが、それは後継者が少ないためです。

こうした悪循環を止めるためにも、私たちは病気にならないよう日頃から工夫

することです。

本当の医療は、医者と患者がコミュニーションをとり、患者の悩みを聞いたり、生き

方を変えるよう指南したり、体によいことをアドバイスしたり、調整しながら行うも

のです。

異常があったら、即、薬で解決というリペア(修理)といった今の医療制度は見直し

が必要です。

医療制度に甘えず「自分の健康は自分で守る」といったセルフメディケーションが

強化されるべきです。

入浴の効果

皆様 

新年明けましておめでとうございます

ヒーリング整体師 カイトウです

今年初めの議題は・・・

「入浴の効果」です

日常生活で一番簡単に体を温める方法といえば、やはり入浴です。

ちゃんと湯舟につかる入浴をすると、シャワーですませる人に比べて健康面

で雲泥の差が生じます。

なぜなら、現代日本人の病気は低体温症候群と言っていいからです。

入浴には私たちが思っている以上に健康への効果があります。

1:温熱の血行効果

まず第一に、温熱による血管拡張作用で血行が促進されます。

それによって内臓や筋肉への酸素供給や栄養補給が増し、腎臓や肺からの老廃物

の排泄作用も促されます。

その結果、血液が浄化されて疲労を回復し、病気予防につながります。

2:静水圧の引き締め効果

日本式に肩までつかる風呂の場合、湯の水圧(静水圧)は500㎏にもなり、胸囲

が2~3㎝、腹囲が3~5㎝も縮むほどです。

またこの静水圧は皮下の血管やリンパ管を圧迫して血行を良くし、全身の代謝を

活発にします。

特に下半身に位置する腎臓の血流もよくなるので、排尿量が増えて水毒の状態を

改善しむくみや冷えをとってくれます。

3:皮膚の洗浄効果

入浴して体温が上昇してくると、皮脂腺から皮脂が毛穴を通って分泌されます。

これが皮膚表面の汚れやばい菌を洗い流してくれると同時に、汗腺からの汗と

混じって皮脂膜を作り、肌に潤いを与えてくれます。

4:浮力の体重軽減効果

風呂につかると、アルキメデスの原理により、体重は通常時の10分の1以下と

同じことになります。

これにより、足腰の筋肉をはじめ、体の関節や筋肉が日常の重圧から解放され

るので、心身のストレスの解消になります。

5:リラックスのホルモンによるストレス解消効果

ぬるめの風呂に入ると、アセチルコリン(ホルモン)が分泌され、リラックスし

た時に出るα波という脳波も出てくるために、心身ともにゆったりしてくれます。

6:白血球による免疫能の促進効果

好中球、リンパ球、単球、好酸球、好塩基球等、白血球の働きが入浴による温熱

効果やリラックス効果、血液促進効果によって高められ、免疫能が促進され、あ

らゆる病気の予防や改善に役立ちます。

7:血液をサラサラにする線溶能の促進効果

入浴の温熱効果により、血栓(脳梗塞、心筋梗塞)を溶かすために備わっている

プラスミンという酵素が増え、線溶能(繊維素を溶解する能力)が高まります。

このように入浴は毎日の健康維持に大切な習慣です。

でも長湯は禁物

いくら良いからといっても無理にやる必要はありません。

自分の体と相談しながら行ってくださいね

 

 

 

診察予約は今すぐお電話で

090-7712-3231

【受付時間】10時〜20時(木、第2・4日曜日除く)

 

メールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。

 

※施術中は電話に出られませんので、留守番電話に自身のお名前と電話番号を入れて下さい。必ず折り返し致します。

※診察時間は10時〜20時までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。診察時間外にホームページをご覧の方は、ぜひメールフォームからのお問い合わせをお願いいたします。
※メールフォームはお名前・お電話番号・メールアドレスを入力するだけの簡単なものですのでお気軽にご利用していただけます。当院は完全予約制の為、事前にご予約をお願いしています。